【管理栄養士学科】卒業生が来てくれました!

≪北陸食育フードカレッジ・管理栄養士学科2019年3月卒≫
櫻井千花さん(IMSグループ)

 IMSグループは、東京の板橋中央総合病院を中核に、総合病院・リハビリテーション施設・訪問看護施設・介護老人保健施設などを展開し、首都圏・東北・北海道・ハワイに140の病院・施設等を有する国内最大級の医療グループです。

4月からIMSグループで管理栄養士として活躍中の櫻井さんが近況報告に来てくれたので、仕事の様子や、学校での学びで役立ったことを聞いてみました。

栄養指導をするときには高齢の患者様とのコミュニケーションに苦労することもありますが、直接関わる機会があるからこそ、調理業務の際には、食べてくださる方を思いながら調理することができていると思います。

 学生時代、先生からは「北陸学園で4年間生活すると、自分でも気付かないうちに大きく成長できているよ」ということをよく聞いていました。実際に入社して、電話を取るときや、どんなタイミングで上司に連絡、相談して仕事を進めていくかなど、自然に必要なことができている自分に気が付きました。先生方がおっしゃっていたのはこのことか!と実感しています。

カテゴリー 北陸ブログ

【こども】学生インタビュー

こども学科とこども未来学科の1年生に「入学して2か月」をテーマにインタビューしました。

成長したいこと、変えたいことなど、目標に向かい1歩ずつ前進している学生の声をお届けします!

劇の発表練習している先輩の姿がすごい。先輩を超えたい!

共に過ごす仲間と絆を深め合え、学ぶ楽しさを感じています。

授業で発表することが多いので、人前に立つことに自信がつきました!

学校や寮生活に慣れ、クラスのみんなと仲良くなれました。

積極性が身に付き、クラスメイトと仲良くなれました。

学校に向かう電車の中で、明るく元気な挨拶ができる私にスイッチON!

 

2か月経った今、こんなキラキラな笑顔になりました。

素敵な保育士、幼稚園教諭、養護教諭、小学校教諭を目指して頑張ろう!しっかりサポートします!

みんな、頑張ろうね!

 

カテゴリー 北陸ブログ

【フードマイスター1年】ヘラ包み~こつこつ成長~

フードマイスター学科1年生の和菓子実習は「薬饅頭」。

製菓実習(和菓子)担当・神林浩司先生は、有限会社司生林堂取締役、製菓衛生師、食品衛生指導員として活躍されています。

今回は初めて薬饅頭であんこを「細長いヘラで包む」ことに取り組みました。

「包あん」には、あらかじめ「餡玉」を用意する場合と、ヘラで餡をすくって包む方法が

あります。

包む餡の量が多く感じるので、何よりはみ出ないように包むのが大事なコツです。

 

蒸す前に饅頭についている粉をハケではらっています。

 

そして霧吹きをしてから蒸します。

 

完成!

最初は恐る恐るといった感じで取り組んでいますが、回を重ねると

格段に手際も見栄えも成長を感じられるのが「薬饅頭」の実習。

学生も神林先生の作品との差をみながら、日々コツコツ練習する大切さを実感したようです♪

カテゴリー 北陸ブログ

【製菓・製パン】繊細な工程にふれる~どら焼き~

製菓・製パン専攻学科1年生が山﨑先生の和菓子実習。どら焼きを作りました!

講師は製菓実習(和菓子)講師の山﨑弘一先生。有限会社山岡屋代表取締役、製菓衛生師、食品衛生指導員でいらっしゃいます。

 

今回は初めて一文字鍋という薄い鉄板を使用しての実習です。

どら焼きの生地を一文字鍋に流している様子です。

 

一枚一枚を同じ大きさに流すので慎重になってます。

 

無事ひっくり返すことに成功 \(^○^)/

 

ひっくり返す時も一文字鍋から落ちないように慎重になります。

 

出来上がったどら焼きは最後にどら焼き餡をはさんで仕上げ☆

各実習班での仕上がりの違いをお互いの試食を通して体感しました。

ひとつひとつの繊細な工程を通して和菓子の魅力を理解することが

テーマでしたが、学生はしっかりと実感できたようです♪

カテゴリー 北陸ブログ

卒業生が会社説明会に来てくれました!

製菓・製パン専攻学科の平成19年度卒業生 西沢竜司さんが会社説明会のため本学園に来校されました。

出身高校は長野県須坂東高校で本学園を卒業後、株式会社浅野屋に就職し11年目になりました。

今では製造チーフとして活躍しています。

 

学生に説明をしている【卒業生】西沢竜司さん

 

説明会では仕事の内容、働く条件、仕事のやりがい、卒業生が今まで経験したことの現場のお話などがありました。

 

説明会の終盤では、質疑応答の時間や卒業生からしか聞けないお話など有意義な時間となりました。

 

卒業生から現場のお話なども聞けて学生にはいい刺激になったようです。

これからの就職活動に繋げてほしいですね!

 

カテゴリー 北陸ブログ

【管理栄養士学科】基本調理実習

管理栄養士学科1年生と3年生の基本調理実習の様子です。
今回は鰯(イワシ)を手開きし、かば焼きにしました。

1年生の中には魚をさばくのは初めてという学生もいました。
『調理専攻学科』の和食専門講師から調理の基礎を学びます。
北陸食育フードカレッジの『管理栄養士学科』だからこそ、『調理に強い管理栄養士』が育ちます!

管理栄養士も現場主義、調理力も求められます。
学生たちはオールラウンドな管理栄養士を目指し今日も頑張っています!

カテゴリー 北陸ブログ

【長岡大手高校 家政科】の生徒さんが授業体験に来校!

長岡大手高校家政科3年生の生徒さんが「発達と保育」の授業の一環で北陸学園のこども学科の授業体験に来てくれました。

北陸学園附属保育園の「マンマのお部屋」でこどもたちとの触れ合い体験。笑顔で元気いっぱいにダンスも踊ってくれました。園児たちも高校生のお姉さんたちと楽しそうに過ごしていました。

 

保育演習では絵本の読み聞かせや手遊びにチャレンジ!

 

こども学科の2年生がお手伝いさせていただきました。

生徒のみなさんは明るく元気に、堂々と読み聞かせをしてくれました。

また、附属園の保育士や学生たちから教えてもらった、手遊び歌を元気いっぱい歌ってくれました。

長岡大手高校のみなさん、授業体験はいかがでしたでしょうか。みなさん積極的に楽しそうに取り組んでくださり、私たちもとても嬉しかったです。

 

次回の福祉の演習も一緒に楽しんで学びましょう!

カテゴリー 北陸ブログ

【こども未来学科】地域ボランティア演習~地域課題・地域資源を学ぶ~

大学提携こども未来学科4年生が学校近くの阪之上コミュニティセンターで行われた「放課後子ども教室」に「ボランティア演習」で参加しました。

「放課後子ども教室」は、学校の振替休日や「放課後の子どもの安心安全な環境作り」をテーマに

同コミュニティセンターが企画したもので、子どもを取り巻く社会課題の現場と地域資源を理解するという

こども未来学科4年生にとって、大切な演習でもあります。

今回のテーマは「バルーンアート」。
風船に空気を入れて、キュッとねじって、学生たちも一緒にお手伝いをして作りました。

剣や犬、花などを子どもたちと楽しく作り、完成後は一緒に遊びました。

 

こども未来学科の学生たちにとって、子ども達と触れ合い、地域に関わり学びを深めるいい経験となりました。

様々な社会課題の解決や地域資源の在り方を学べるボランティア演習は、特色あるカリキュラムの一つです。

 

 

 

カテゴリー 北陸ブログ

【フードマイスター1年】食パンを作りました!

2年間で「調理師」+「製菓衛生師」の二つの免許が取れるフードマイスター学科。

今回は1年生の授業の様子です!

食パンを作りました!

成型が難しくみんな苦労しながらも、上手にできてました(^-^)
そして、スライスの練習。けっこう難しい。

最後はみんなでおいしくいただきました!(^^)!

 

★☆★次回オープンキャンパスでは「パン作り」に挑戦!★☆★

5月18日(土)11時~

【製菓&フード】体験は「卵とバターがたっぷり美味しいブリオッシュ!いろいろな形のパンを作ろう!」

≪お申込みはコチラ≫

カテゴリー 北陸ブログ

【介護福祉学科2年】リハビリテーション論

介護福祉学科2年生のリハビリテーション論の授業です。
今回は身体の指標となる骨の位置を知るための授業でした。

講師は安達カイロプラクティックオフィス院長の安達篤先生です。
まずは先生が骨格見本を使い骨の位置を説明。

その後、学生同士で骨の位置を確認しあいました。

カテゴリー 北陸ブログ
調理専攻学科
製菓・製パン専攻学科
フードマイスター学科
管理栄養士学科
介護福祉学科
こども学科
大学提携 こども未来学科
オープンキャンパス
Aoエントリー
保育士資格
お問合せ
学校紹介ムービー