「にいがたの名工」の教え~「和菓子実習」~

12月になり、嬉しいニュースるんるん (音符)るんるん (音符)るんるん (音符)

北陸食育フードカレッジで和菓子の実習をご担当頂いている神林浩司先生(司生林堂)が

優れた製菓技術を持ち、後進技能者育成に貢献・寄与されたことが認められ

新潟県知事より「にいがたの名工」として表彰を受けました!!!

神林先生、おめでとうございます!

で、この日の実習テーマは「カステラ」

見た目は一見簡単そうかもですが、焼成においての「温度管理」

さらには、写真の「等分切」も重要なポイント。この日は「25等分」にチャレンジ。

「切り分けた大きさがバラバラでは、商品にならないので、ではどうしたらいいか?」

学生に考えさせながらもポイントをアドバイスされるのが「神林流」でもありますぴかぴか (新しい)

「生地全体のバランス」も重要な要素

ただ、オーブンに入れて焼成するだけでなく、表面・真ん中・型に接する部分に

「ムラ」が出ないようにヘラで混ぜたりと「繊細さを肌で感じること」が大事にもなります

神林先生の想いは、学生にもしっかりと伝わっているようで、

学生自身も「キリっ」として取り組んでいる姿が印象的でした。

改めて、神林先生、表彰おめでとうございます!


カテゴリー 北陸ブログ
調理専攻学科
製菓・製パン専攻学科
フードマイスター学科
管理栄養士学科
介護福祉学科
こども学科
大学提携 こども未来学科
オープンキャンパス
Aoエントリー
保育士資格
お問合せ
学校紹介ムービー