【フードマイスター1年】ヘラ包み~こつこつ成長~

フードマイスター学科1年生の和菓子実習は「薬饅頭」。

製菓実習(和菓子)担当・神林浩司先生は、有限会社司生林堂取締役、製菓衛生師、食品衛生指導員として活躍されています。

今回は初めて薬饅頭であんこを「細長いヘラで包む」ことに取り組みました。

「包あん」には、あらかじめ「餡玉」を用意する場合と、ヘラで餡をすくって包む方法が

あります。

包む餡の量が多く感じるので、何よりはみ出ないように包むのが大事なコツです。

 

蒸す前に饅頭についている粉をハケではらっています。

 

そして霧吹きをしてから蒸します。

 

完成!

最初は恐る恐るといった感じで取り組んでいますが、回を重ねると

格段に手際も見栄えも成長を感じられるのが「薬饅頭」の実習。

学生も神林先生の作品との差をみながら、日々コツコツ練習する大切さを実感したようです♪


カテゴリー 北陸ブログ
調理専攻学科
製菓・製パン専攻学科
フードマイスター学科
管理栄養士学科
介護福祉学科
こども学科
大学提携 こども未来学科
オープンキャンパス
Aoエントリー
保育士資格
お問合せ
学校紹介ムービー