楽しさと時間の大切さを実感!~大量調理に求められるもの~

管理栄養士学科3年の「給食経営管理論実習」では、様々な給食施設を想定して給食経営管理の実習を行っています。
今回は、「社員食堂を想定した昼食の献立立案」から、大量調理・食事の提供までの演習のヒトコマから。

当日は悪天候の影響で、通常行う前日準備をできずに迎えた当日でしたが、それらも貴重な体験のひとつ。

タイムスケジュールの調整、分担の見直しなどを行い、トラブルを乗り越えて当初予定通りの時間ピッタリに食事を提供することができました!

 

 

 

 

 

 

 

「どんな状況であっても、食事を待ってくれている人のために時間内で提供しようという思いで臨みました。全員のチームワークがより高まり、間に合いました!」

 

 

 

「予定していた手順を変更するなどして、いつも以上に時間内を意識できたことが、うまく進めることができた理由だと実感しました」

 

 

 

給食経営管理で大切な安心安全の衛生管理と時間管理、悪天候という状況を受け止めて、だからこそ時間通りに利用者の方に食事を提供するという、実際の仕事現場さながらの緊張感をむしろ楽しんでいたことが良かったんだな~と、感じることができたようです。


カテゴリー 北陸ブログ
調理専攻学科
製菓・製パン専攻学科
フードマイスター学科
管理栄養士学科
介護福祉学科
こども学科
福祉保育学科
大学提携 こども未来学科
募集要項
オープンキャンパス
保育士資格
お問合せ
ラジオキャンパス
学校紹介ムービー