最適なメニューは体の仕組みの理解から~解剖生理学実習~

管理栄養士として病気の方やお年寄りの方等に
適切な食事を提供するには、
体の仕組みについて正しく把握することが必要不可欠。
人体の構造を理解する「解剖生理学」は、
管理栄養士にとっても必須の学問です。

管理栄養士学科の2年生が取り組んだ「解剖生理学実習」では、
厚紙を使って人体の骨格標本を自分たちでつくり、
赤と青の粘土で血液の流れを確認しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自らつくってみることで、楽しみながら
からだの構造をより深く理解した学生たち。
実習を通じて、テキストでの勉強だけでは得られない知識を身につけていきます。

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー 北陸ブログ
調理専攻学科
製菓・製パン専攻学科
フードマイスター学科
管理栄養士学科
介護福祉学科
こども学科
福祉保育学科
大学提携 こども未来学科
募集要項
オープンキャンパス
保育士資格
お問合せ
ラジオキャンパス
学校紹介ムービー